イベント

7/19開催Beyond 2050プロローグ第5節~京都大学が描く未来の食と農~

いま日本の農業は高齢化や人手不足、耕作放棄地の増加、TPP による輸入品との価格競争など深刻な課題に直面しており、スマート農業、循環型農業、農作物の高付加価値化などさまざまな対策が講じられています。さらに食と農の持続可能性を真に追求するには、消費者も巻き込み、社会全体で課題解決に取り組む必要があります。最新の動向を踏まえて、地球社会のなかの農業の位置づけを明らかにし、食と農の未来を考えます。 👉チラシ.pdf

日時
2024年7月19日(金)13:30~16:30

開場13:00、会期終了後、任意参加の名刺交換会

会場
京都経済センター(京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地)3F KOIN

当ページ下方「会場アクセス」参照

  
申込に関するお問合せ
beyond2050_reps@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

パネリスト

「農業機械と農業技術は何を目指すのか?」
農学研究科 教授 野口 良造

歴史的に見て人類は空腹との闘いでした。しかし今では、若い世代を中心に「何を食べるのか?」、「その食べ物をどのようにつくるのか?」が強く問われています。一方で、日本には世界中の人たちが羨望する農産物があり、その生産技術、農業空間があることから、これらをどのように維持、発展させるかが日本の農業に求められています。そこで、これらを解決するための農業分野における最新の生産技術の事例紹介を通じて、生命・生物資源循環の視点、Alvin Tofflerが提唱するProsumersに立脚した新たな農業機械、農業技術についてお話しします。

フードシステムはどのように維持されるのか、変容するのか
  ~事業者と消費者の判断・行動から考える~
農学研究科 講師 鬼頭 弥生

価格競争や大手小売店のバイイングパワー、生産・流通に伴う環境負荷など、フードシステムの持続可能性を脅かす問題が噴出し、対応に迫られています。そこでは、生産から消費までの各主体が、自らの経済的・社会的持続可能性だけでなく他者や環境を考慮する向社会性をもつことに加え、要素間のトレードオフが生じる可能性を理解し共有することが不可欠と考えられます。本講演では、主に認知科学の観点から、フードシステムの川下の事業者と消費者の判断と行動、規範のコンフリクトをとらえ直し、未来に向けた可能性と課題を考えます。

「来るべき給食のために——歴史学からのアプローチ」
人文科学研究所 准教授 藤原 辰史

1889年に始まった日本の学校給食は子どもを飢餓から救い、災害時には炊き出しの拠点となってきました。また、敗戦後GHQ占領下に再開する給食は、教師と子どもの交流を深めたり、給食を通じて社会や自然を学んだりするという意図が加えられます。現在、給食は、若手有機農家を育て地域の活性化、自給率上昇につなげたり、子どもの栄養改善を助けたりと可能性が広がる反面、民営化、センター化などの合理化政策によって質が低下する問題が多発しています。拙著『給食の歴史』の議論を踏まえつつ、未来の食と農を給食から考えてみたいと思います。

ファシリテーター

農学研究科
教授 近藤 直

コメンテーター

株式会社パソナグループ 
エキスパート役員 塩谷愛 様

会場アクセス 

〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター 3F KOIN

録画上映会を実施します。
 日時 2024年7月25日(木)18:00-19:30
 会場 本学東京オフィス(東京駅地下直結 新丸ビル10F)大会議室B アクセス
 参加費無料、要事前登録(7/24〆切)
 申込 https://forms.gle/om4PmxwRqPU7wNof6

主催:京都大学成長戦略本部京都大学人と社会の未来研究院
共催:京都大学大学院人間・環境学研究科学術越境センター
   京都大学学際融合教育研究推進センター